新井喜一元川越市議の名誉回復を賭けた闘い | 行政調査新聞

新井喜一元川越市議の名誉回復を賭けた闘い

「川越市議セクハラ事件」

まさかの敗訴、即日控訴へ

開廷前のさいたま地裁川越支部。門前では「セクハラ被害者を訴えるのはセカンドレイプ」などと記されたバナーを持つ女性Ⅹ氏の支援者が、無言のスタンディングを行っていた。
その一方で、傍聴記者席が用意されていないことを怒ったマスコミ記者らが、裁判所職員へ大声で詰め寄る一幕もあった。
裁判所は、かつてない緊張感に包まれていた。
2022年1月13日13時10分、元川越市議・新井喜一氏が原告となり、現職川越市職員女性Ⅹ氏を名誉毀損の不法行為で訴えた裁判に、判決が言い渡された。判決文は昨年12月に裁判官を定年退官した齋藤憲次裁判長によって記され、後任の飯塚圭一裁判長によって代読の言い渡しが行われた。

(記事全文を読む)