速報 住民訴訟4市民 全面勝訴! | 行政調査新聞

速報 住民訴訟4市民 全面勝訴!

裁判所、川合善明市長の請求をすべて棄却

2021年12月23日(木)、さいたま地方裁判所川越支部で
川合善明氏(川越市長)の敗訴判決が言い渡された。

事件は、すでに判決が確定した不正市道認定について市民ら23名が原告となって、川越市を訴えた住民訴訟の原告のうち4名に対し川合善明氏が「住民訴訟を起こしたことが不法行為で名誉毀損」などと支離滅裂な主張を展開し、損害賠償を求めて市民4名を提訴していた裁判だ。

齋藤憲次裁判長(すでに12月5日付で定年退官のため飯塚圭一裁判長が判決文を代読)は「原告の請求をいずれも棄却する」と川合善明氏の訴えをすべて退け、住民側の全面勝訴となる判決を言い渡した。市政の疑惑に対して、主権者の権利である住民訴訟という民主主義の制度に則して市を追及した市民らを、市長という公権力を逆用し潰そうとした卑劣かつ邪悪な川合善明氏のやりたい放題に司法がNOを突きつけたことになる。

(記事全文を読む)