⁉ ⁉ ⁉ 女性市民を直接恫喝し訴えた「異常」川合善明川越市長 | 行政調査新聞

⁉ ⁉ ⁉ 女性市民を直接恫喝し訴えた「異常」川合善明川越市長

しかもその「電話録音を自分から裁判所に提出する」
支 離 滅 裂 !

2021年11月16日(火)午前11時30分~
川合善明川越市長が「女性市民A氏を名誉毀損」で訴えた裁判の弁論準備手続が、さいたま地裁川越支部で開かれた。
弁論準備手続は、裁判官と原告・被告だけで進める一般傍聴ができない「非公開の裁判」で、本事件では前回、前々回と同様、公開法廷ではなく地裁庁舎内の会議室で行われている。
なぜ公開法廷ではないのか? 仮にも現職市長が、特定の女性市民A氏を狙い撃ちのスラップ(嫌がらせ)訴訟で訴えたことだけでも異常なのだが、原告たる川合善明市長はベテラン弁護士のはずであるのに、その訴えの内容が異常を通り越して「壊れている」としか言えないほどの支離滅裂なため、公開法廷での口頭弁論がまともに進められないというのが実情なのである。
この市長の異常な能書きがデタラメ過ぎて、とてもじゃないが世間様に傍聴して頂けるような訴えではないということだ。

(記事全文を読む)