国内情勢 | ページ 3 | 行政調査新聞

国内情勢

国内情勢

「皇位継承と天皇問題を考える」

菅義偉首相が主宰する 『安定的な皇位継承の在り方を検討する有識者会議(皇位有識者会議)』 の第一回会合が、さる3月23日に開催された。この会議では今後、女性・女系天皇や、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる女性宮家創設の是非などが話し合われる...
国内情勢

見えはじめた「新型コロナ終焉の日」

昨年初めから全世界を襲い、1億人という感染者数を出した新型コロナ。首都圏では昨年4月に続いて今年1月8日から「緊急事態宣言」が発出されている。いったいコロナ騒動は、いつになったら終わるのか。まだ数年は掛かるのではないか―。誰もがそんな不安...
国内情勢

菅内閣の意外な成果

藤 井 厳 喜<国際政治学者> 菅首相が日本学術会議の新会員候補の6人の任命を拒否したということで、意外な注目を集めている。10月1日、学術会議が推薦した新会員候補の内、99人の任命を承認したが、6人に関しては任命を見送ったのである...
国内情勢

安全運転の菅内閣、早期沈没の可能性

船頭多くして多難の菅政権。年内解散に打って出る可能性は? 歴代最長を記録した安倍晋三政権を引き継いだ菅義偉新総理。目の前に立ちふさがるコロナ禍への対応、米中露韓との困難な駆け引きという大テーマに挑む前に、政権の足元を揺るがす難題を解...
国内情勢

サントリーHD⦅ホールディングス⦆ 新浪剛史社長の正論

「日本の軸足はアジアにあり」 松 本 州 弘 指導者(リーダー)とはこのような人物をいう。現在、産経新聞が各界の有識者からの提言を聞くシリーズ企画『コロナ 知は語る』(7月20日付)での、サントリーHD社長・新浪剛史氏の言葉に...
国内情勢

パンデミックの山場は…これからやってくる

「日本人の感染者数は何人か」 新聞を開いても、テレビをつけても、新型コロナ肺炎のニュースばかりが目につく。これまで出されていた「外出禁止要請」は無視されることも多く、首を傾げた人も多かった。連日の感染者拡大に、政府はついに4月7日、...
国内情勢

緊急警報 「生命の危機」に備えよ!! 新型肺炎から「身を守れ」

■ 「新型コロナウイルス肺炎」が日本襲来 中国湖北省の武漢市で最初の患者が見つかったのは昨年(2019年)12月8日だった。その後、患者が相次いで出現、中国衛生局などはこれを「コロナウイルスによる新型肺炎」と断定した。報道されている...
国内情勢

「天皇は日本民族のキリストである」

この論文をお読みになる方は、筆者が先に行政調査新聞紙上に発表した「終戦論」や「国体論」と合わせてお読み頂きたい。そうすると、この分の後半の意味が、よりよく理解できると思われる。 藤 井 厳 喜 <国際政治学者> ※以下...
国内情勢

― 千葉県知事<森田健作>・川越市長<川合善明>―

こいつら、どっちもどっちだ!「台風襲来」から「逃げ出した知事」を「糾弾」する 上機嫌で帝国ホテルに向かった千葉県の森田知事 帝国ホテルに向かう車の中で、森田健作知事は上機嫌だったに違いない。午後4時45分からの「日米合同委員会...
国内情勢

神話と伝説と日本文明の使命

藤 井 厳 喜(国際政治学者) 1.歴史と伝説と神話の関係「美化ほど人の能力の中で素晴らしい能力はない」と保田與重郎は言った。歴史というのは一応、文献でたどれる範囲の過去の物語である。この歴史の彼方に「伝説の時代」があり、さらにその...