新型コロナは終焉か、第6波襲来か? | 行政調査新聞

新型コロナは終焉か、第6波襲来か?

―オミクロンが岸田内閣を押し上げる?―

8月5日に東京都の新型コロナ感染者数が5,000人を突破したとき、日本中が暗く沈んだ気持ちになった。それから2カ月、10月上旬に東京都の感染者数が100人を切ったときには、未来に明るい光が差し込んだようにも感じた。12月に入ると、わずかだが感染者数が増えはじめ、「やがて第6波が来るのでは?」との恐れが再燃している。
新型コロナの感染状況によって、内閣支持率も、そして経済も変化する。この先の日本はいったいどうなるのだろうか。

岸田内閣支持率上昇と世界の感染状況

政府が発表した「18歳以下への10万円給付」「現金とクーポン」になるのか、「全額現金」か、右往左往する岸田政権の対応に批判が集まり、支持率が下落すると思われた。ところが12月初旬に行われた世論調査では、軒並み岸田政権支持率は上昇していた。支持率は朝日新聞49%、NHK50%、毎日新聞54%、産経新聞66%と、どこの調査でも岸田政権支持は上昇傾向にある。

(記事全文を読む)