行政調査新聞 | ページ 44 | 国政から地方自治、個人の日ごろの生活で生じる相談や情報を受け付けています。
噂の怪奇情報

キリスト教終焉の日が迫る?

ローマ法王庁を揺さぶる恐怖の福音書 『聖マラキの預言』によるとフランシスコ現法王は「極限の迫害の中で」就任し、「恐るべき審判が人々に下る」時代を生き、ローマ法王は彼の代で終わるという。『聖マラキの預言』とは、ローマ法王庁の終焉を預言...
海外情勢

2015「日本孤立化作戦」発動

――中国・韓国の作戦に嵌まり「孤立する」日本―― 東アジアの将来を左右する「2015年問題」。昨年(2013年)2月に、韓国に初の女性大統領・朴槿恵が誕生し、彼女が反日姿勢を貫いていることから、「2015年問題」の方向性はほぼ決定さ...
噂の怪奇情報

「恨日」に凝り固まった朴槿恵

就任以来、一貫して「反日」姿勢をとり続ける韓国の大統領・朴槿恵(パク・クンヘ。発音上はパク・クネ)。その反日ぶりは凄まじいの一語に尽きる。訪米した折りには議会演説で「反日」を叫び、中国に行って習近平国家主席と会談しても「反日」。11月にヨ...
国内情勢

汚染水処理は日本の技術で行え!

米国押し付け路線からの脱却が急務 311東北大震災から2年半余が過ぎ、被災地の人々も多くは日常を取り戻しつつある。しかし福島原発周辺は、いまだ事故の後遺症を引きずり、多くの人が故郷に戻れない状態が続いている。事故後の原発は現在、コン...
噂の怪奇情報

伊藤博文暗殺の闇

20世紀に入って間もない明治42年(1909年)秋10月、初代内閣総理大臣で枢密院議長だった大勲位公爵、伊藤博文が暗殺された。この歴史的事件の背後にはさまざまな噂話が流布されている。真相は未だ闇の中にあるが、本紙社主・松本州弘が得た人間関...
噂の怪奇情報

次のローマ法王は「最後の法王」となるのか?

「聖マラキの預言」が暗示するバチカンの終焉 ローマ法王ベネディクト16世が自ら退位して、新しい法王が選出されることになった。8年ぶりに行われるコンクラーベという法王選出法も興味深いが、次の法王が「最後の法王」だという噂もある。いまた...
噂の怪奇情報

姿の見えない「敵」に注意

中東や東アジアで緊張が続くなか、怪しい噂話が乱れ飛んでいる。噂を信じてビクビクすることはないが、注意は怠らないようにしたいものだ。 関東上空に謎の光体が出現 さる1月21日早朝、関東地方上空に大きな音と無気味な光が出現。隕石が...
噂の怪奇情報

異常気象は天罰か?

気象兵器が壊した「自然」が牙を剥いた!? 世界中が異常気象に見舞われ、大被害が続出している。レタスやキャベツなどの野菜価格が高騰したり、サンマの漁獲高が減るなど、庶民の生活を直撃する問題もあるが、そんな微細な話ではない。大洪水で数千...
噂の怪奇情報

今こそ真実を追求せよ!情報機関が探らない「北朝鮮の英雄」金策の正体!!

美しい古都サンクトペテルスブルグに秘められた過去 「北のヴェネツィア」とも称されるロシア連邦の古都サンクトペテルスブルグ(Санкт-Петербург)をご存じだろうか。運河を湛えた歴史のある町で、一部は世界遺産にも指定されている...